※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

赤城牛

群馬県の銘柄牛の一種です。
厳選した粗飼料及び配合飼料を活用しています。
群馬県で生産された交雑種でもあります。

生産者から小売店、消費者までの距離を短くする事が可能となっております。

群馬県人気銘柄牛

1位 上州和牛
2位 赤城牛
3位 低脂肪牛
4位 榛名山麓牛
5位 上州新田牛

効雑種とは

交雑種は、子どもを産んだらすぐに引き離されて、子牛は人工哺乳で育てられます。 生産時のコストをなるべくかからなくして、肉質をよくするために作られた品種。 そのほか、黒毛和種などの純粋種に比べても病気に対する抵抗力が強く、 成長がはやいために粗飼料の利用性に優れていることなどが、交雑種の特徴として挙げられます。 粗飼料(そしりょう)とは

家畜に給与する飼料の中で、生草、サイレージ、乾草、わら類等を指します。
粗飼料は反芻胃の機能を維持するために反芻家畜にとっては不可欠であり、主要なエネルギーになっています。栄養素補給源となりますが、
粗飼料の栄養価は一般に濃厚飼料に比べてかなり低く、重量当たりの容積は濃厚飼料よりも繊維含量が高いため大きい。

しかし、ソルガムのサイレージやトウモロコシ、濃厚飼料に匹敵する栄養価をもつものも出穂前の牧草の中には存在しています。
繊維含量がわら類のように高く、栄養価の低いものを逆に、低質粗飼料と呼びます。

科学的に各種の栄養素を混合し、家畜がそれだけで健康が保て、繁殖できるようにした飼料。

配合飼料(はいごうしりょう)とは

原料は、熱量源、蛋白質源、鉱物質源として使われる主原料 (とうもろこし、大麦、小麦など) と、ビタミン、ミネラル、アミノ酸の補給源などの微量原料に分けられます。
日本での配合飼料は養鶏飼料として大正年間 (1912~26) に始ったが、保存、運搬に便利で、使いやすい理想的な飼料といわれます。

戻る

Copyright © Gyushige All rights reserved.
用語集