※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

キムチ

ご存知のとおり、韓国唐辛子で白菜などの野菜を漬け込んだ辛味のあるお漬物のことです。
キムチはナムルとともに、多彩なバリエーションがあり、その作り方や具材も様々で、作り手の数だけ味わいが違うと言っても過言ではない材料です。
それだけに、キムチはお店の顔とも言える存在なのです。
人類は農耕生活を始めて、穀物が主食と変化していくにつれて、栄養のバランスの為に、
ミネラルとビタミンの豊富な野菜をとるようになりました。

野菜の生産が難しい寒い冬にも食べられるようにと、塩漬けするという貯蔵方法が自然に開発されたそうです。
韓国では7世紀からすでに塩漬けとしてキムチの歴史が始まっているのです。

初期のキムチは単純に野菜の塩漬けに過ぎなかったのですが、12世紀頃からは、各種の香辛菜類が加わった事により独特のキムチの味を出すようになっていき、16世紀に韓国に伝来した唐辛子が、18世紀頃からは本格的にキムチ作りに使われるようになったのです。

19世紀にはキムジャンキムチ作りに適した結球白菜の栽培が普及し、現在の典型的な韓国キムチの姿を整えるようになったのです。

キムチという言葉の起源は、野菜の塩漬けを意味する沈菜(チムチェ)が長い年月が経つ内に、 沈菜→ヂムチェ→キムチェ→キムチの形にだんだんと変化していき、最終的にキムチとして定着したとされているのです。

美味しいキムチが食べたい方はぜひ、焼肉食べ放題の牛繁、亀有店へお越しくださいませ。

戻る

Copyright © Gyushige All rights reserved.
用語集