※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

※全店、土日・祝日に限りランチ営業も行っております。

シャリアピンステーキ

ビーフステーキの焼き方の1つです。
19世紀末から20世紀初めのロシアの高名な声楽家であるシャリアピンが1934年に来日し、滞在した帝国ホテルで考案され、1936年にメニューに取り入れられたとされています。

肉を叩いて伸ばし、おろしたまねぎをまぶし、しばらく置き、それから焼いていき、あらかじめみじん切りした、たまねぎを薄茶色に炒めておいて、肉の焼き汁を吸わせ、それをソースとしてステーキにかけるというものです。

戻る

Copyright © Gyushige All rights reserved.
用語集